シャンプーの種類と特徴

界面活性剤とは?

ほとんどのシャンプー、トリートメント剤などに入っていますよね。
具体的にはどのようなものかについて触れていきます。

界面活性剤とは油にも見ずにもよくなじむ性質を持った、通常では混ざり合うことのない水分と油分をミックスさせるためのつなぎ役のことです。
シャンプーに配合される一番の目的は洗浄効果を高くすることです。髪にも地肌にも皮脂をはじめとした油脂汚れがたくさんついていますが、これをシャンプーの泡でつつみこんだ時に、シャンプーの水分と混ざり合って一緒に洗い流せるようにするために入っているのです。

また、美容効果の高い水分と油分を乳液状やクリーム状に混ぜ合わせることもできるので、髪をツヤツヤにするコーティング剤などにも使用されています。そういったものを使用することは見た目を美しく保つだけではなく、静電気まで防いでくれますので一石二鳥ですね。

そんな役に立つ界面活性剤ですが、界面活性剤というのはその物質そのものの名前ではなく、じつはさまざまな種類のものが存在します。
よく、界面活性剤は体に悪くて石鹸ならば安心と言われますが、正確には石鹸も界面活性剤の一種なのですから、健康情報には気をつけたいものですね。

洗浄成分はどんな製品であろうと界面活性剤によるものです。
問題はどのような界面活性剤を使用しているのかということなのです。
界面活性剤はじめ、シャンプーはじつにさまざまな原料からできています。
成分表を見てみても、たくさんの物質名が出てきてクラクラしてしまうこともありますよね。
薬事法によりシャンプーはその成分を明記するように義務づけられていますから、謎の成分のシャンプーを使用したりしなくてもいいのは本当にありがたいことです。
せっかくの機会なのですからじっくりと吟味しましょう。

成分は含有量の多い順に表記するようになっているのも助かります。
だいたいのシャンプーが水が一番最初に表記されていると思われますが、その次に出てくるのが界面活性剤です。
そして、だいたいのシャンプーが複数の界面活性剤を使用しています。
そして、それらの界面活性剤は大別して、石油系、石鹸系、アミノ酸系の3種類に分類することができます。

この時に注意したいのが石油系の、ラウリル、ラウレス、硫酸の文字が出てくる商品です。
たとえばラウリル硫酸カリウム、ラウリル硫酸ナトリウム、ラウレス硫酸TEAなどの石油系界面活性剤を使用しているものを避ければ、ほぼ悪いシャンプーを回避できるといっても過言ではありません。

これらは旧厚生省が定めた表示指定成分。
アレルギー・湿疹などの皮膚刺激をおこす恐れのある成分として指定したものとして提示しています。
髪や肌がデリケートな人はとくに注意が必要ですね。

逆におすすめなのが、石鹸系、アミノ酸系のシャンプーです。
その名前はさまざまですが、美容室でおすすめされるような商品はだいたいこのようなものと覚えておくと良いでしょう。
しかし、こうういった商品はどうしても石油系にくらべると洗浄力は劣ります。それぞれの良さを見極めて、自分にとってもっとも良いシャンプーを選びたいですね。

高級アルコール系シャンプー
一般的に販売されているシャンプー。リーズナブルでどこでも手に入るのが魅力です。

石鹸系シャンプー
髪や地肌に優しい石鹸シャンプー。ただし、髪質や慣れによっては髪のゴワつきがあります。

アミノ酸系シャンプー
頭皮に優しいと言われるアミノ酸系シャンプー。ただし、洗浄力については注意しましょう。