高級アルコール系シャンプー

市販のシャンプー殆どが該当
スーパー、コンビニ、ドラッグストアで売っている商品のほとんどが高級アルコール系シャンプーに該当します。

参考:高級アルコール系シャンプーについて

成分表記では高級アルコールと書いてあるわけではありません。
例えば、「硫酸」などの物質名の表記
ラウリル硫酸ナトリウム、ラウレス硫酸ナトリウム
ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸塩
他にも「ナトリウム」を含む物質名
スルホン酸ナトリウムなど
他にもいくつかありますが、だいたいこの成分名が含まれているものがあてはまります。

次にメリットやデメリットについて触れていきましょう。
メリット:洗浄力が強い
皮脂や汚れをよく落とすので、オイリータイプの人には大変あり難いと思うこともあるかもしれません。

おそらく、成分表の「水」の項目の次にこういったものが並んでいると思われますが、成分表は含有量の多い順に表記することになっているのでそれだけたくさんの石油系界面活性剤を使用しているということです。
こういったシャンプーで洗髪すると、よく泡立ちます。

多くの高級アルコール系シャンプーにはシリコンが入っていますので、洗いあがりの手触りもツルツルしています。
ですから、いかにもシャンプーをしたというような実感を味わうことができるのです。

果たして髪に本当に良いかどうかというと疑問点もいくつかあります。

デメリット:洗浄力が強すぎるという点。
車や工場の機械を洗うのに使用されていた成分も含まれています。
人体に使用するのにさしつかえないような濃度にしてあるとはいえ、汚れなどを必要以上に落としてしまう可能性は消えません。

それならばオイリータイプならどんどん使うべきかというと、皮脂を取り過ぎると逆にそれを補充するために分泌過剰になったりもします。
適度な使用を心がけなくてはいけません。
アレルギー体質の人であればさらに注意が必要です。

そんな強すぎる洗浄力をごまかすためにいろいろな添加物を使用しているのも気になるところです。
シリコンがその一例ですが、髪をサラサラにコーティングしてくれる一方で毛穴をふさぐなど、髪と地肌の健康には必ずしも良くない働きもあるようですね。
合成着色料、合成香料、合成添加物なども当たり前のように配合されていますから、ますます心配です。

これだけのデメリットを抱えながら、高級アルコール系シャンプーは残留しやすいというのもどうなのでしょうか。

毒性のある成分がいつまでも体に残っていていいわけがありません。
とはいえ、よく洗い落とすように気をつけるなど、使い方を工夫すればリーズナブルである等そのメリットだけを享受することも不可能ではないので、気をつけて使用してみるのもひとつでしょう。