カテゴリー: よくある質問集

市販のシャンプーとサロンのシャンプーの違いは何?

市販のシャンプーとサロンのシャンプーの違いは中身

市販のシャンプーとサロンのシャンプー。
一番の違いは価格にあります。
市販のシャンプーは数百円で購入できますが、サロンのシャンプーは安くても数千円、高いものは1万円以上するものもあります。

どうして、価格にこんな差があるのでしょうか?シャンプーは高ければ良いというわけではない。
と思っている人は多いことでしょう。

市販のシャンプーとサロンのシャンプーの価格が、こんなに大きいのは、中身の成分に違いがあるからです。
シャンプーには頭皮の汚れを落とすという役目があり、泡立ちを良くするために界面活性剤が配合されています。

界面活性剤は、ほとんどのシャンプーに使用されていますが、サロンのシャンプーには自然の成分から作られている界面活性剤が使用されているのに対し、市販の安いシャンプーには、石油系界面活性剤が使用されています。
石油系界面活性剤は、泡立ちがとても良くて使い易く、石油から作られているので、とても安価で手に入ります。
しかし、何しろ石油ですから、体に非常に悪い影響を与えます。

石油系界面活性剤が及ぼす影響

どのような悪影響を与えるのかというと、石油系界面活性剤は、頭皮から体内に入り、ガンなどの病気やアレルギー症状の原因になると言われているのです。特に女性の場合、頭皮から入った石油系界面活性剤は、子宮に到達して溜まってしまい、ガンの発症率を高めるのはもちろん、女性ホルモンの分泌が異常になって、様々な女性特有の病気を引き起こす原因になると言われています。

近年、不妊症になる女性が多いのもシャンプーのせいだったのです。
シャンプーをよく洗い流せば大丈夫という人がいますが、石油系界面活性剤は、分子の大きさがとても小さく、頭皮にすぐに浸透して子宮に到達するため、よく洗い流しても後の祭り。
既に、シャンプーは子宮に到達した後なのです。

市販のシャンプーにはシリコンもたっぷり

市販の安いシャンプーには、このような体に悪い成分が含まれているのです。
それだけではなく、洗い上がりの髪がなめらかになるように、シリコンが大量に含まれていて、髪の毛をコーティングしてしまうため、染まりにくくなったり、パーマがかかりにくくなったりする他、髪の毛を弱くすると言われています。

だから、市販のシャンプーを使い続けると、髪が美しくなるどころか、弱って細くなり、しかも体の調子までもおかしくなるということになります。
これで良いのでしょうか?

安心して使えるサロンのシャンプー

サロンのシャンプーは、髪のプロである美容師が考案したシャンプーです。
多くの美容師たちは、市販の安いシャンプーの危険性を回避し、頭皮や髪に良いシャンプーをと、苦労をしてシャンプーを開発してきました。

石油系界面活性剤ではなく、ほとんどがアミノ酸系の界面活性剤が使用されていますので、頭皮にとても優しく、体にも悪影響を及ぼしません。
さらに、ノンシリコンで、シリコンを含まず、その代わりに髪の毛に良い成分がたくさん配合されています。
だから、髪のコンディションが良くなり、美しい髪になれるんですね。