朝にシャンプーしても良いのでしょうか?

朝にシャンプーをする習慣のある人も少なくないかもしれませんが、髪の健康を考えたら必ずしも好ましいことではありません。

髪は夜に生育が行われますが、その間の頭髪が汚れているということになりますから、美しい髪に生まれ変わりたいのであれば寝る前にシャンプーをして正しく乾かした方が有効だと思われます。

かといって朝も夜も2回シャンプーするというのは、明らかに過剰で髪の健康を損ないます。

もしもどうしてもそうしたいのであれば、低刺激のアミノ酸系シャンプーを使用すると良いでしょう。
また、朝のシャンプーもいくつかの点を注意すれば必ずしも悪いことばかりではありません。

まず、シャンプーの時間をしっかりととりましょう。
朝はとかく慌ただしいものですが、ドライヤー時間まで含めて最低でも30分は確保したいものです。
また、シャンプーは可能な限り少なくしましょう。

髪は3時から9時ぐらいにかけて伸びますので、じつは朝の通勤・通学前というのはまだ髪が伸びている時間です。

つまり朝は頭皮の毛穴が開いていますので、必要以上のシャンプーで刺激を与えたりしないようにしましょう。
夜のシャンプーよりも少なく使用することが鉄則です。

もちろん、すすぎはしっかりと。
最低でも2分はかけて、頭皮までしっかりとすすぐように意識して行いましょう。

いくら急いでいるからといって力任せは厳禁です。
あくまでも優しく洗うように心がけて下さい。

とくに、お風呂場ではなく洗面台などでシャンプーしている時には注意しましょう。
もちろん、仕上げのドライヤーもていねいに。

一刻も早く乾かすために、ドライヤーを持っていない方の手で髪をわしゃわしゃさせるのは厳禁です。

あくまでも動かすのはドライヤーで、こまめに風の向きを変えながら頭皮までしっかり乾かしましょう。
80%乾いたらあとは自然乾燥でかまいません。

むしろ、残りの20%は自然乾燥を心がけて下さい。

以上のことに留意するのであれば、気分一新、仕事に勉強に気合の入りそうな朝のシャンプーもまた良いのではないでしょうか。

Comments are closed.