シャンプーの後のドライヤーはどうしたら良いのでしょうか?

シャンプーの後にドライヤーを使う前にはまず、できる限りで良いのでタオルで水分を拭き取るようにしましょう。
濡れた髪にいきなりドライヤーの熱を浴びせることは厳禁です。
熱はキューティクルの大敵ですので、できるかぎりドライヤーを短時間ですませるためにも、いきなりドライヤーをかけるのではなくタオルドライは必須なのです。

しかし、この時に勢い良くタオルでわしゃわしゃとするのは止めましょう。
摩擦もまたキューティクルの敵ですが、水分を含んだ髪はキューティクルが開いた状態で壊れやすくなっていますので、とくに注意が必要なのです。
毛髪をタオルではさみこんで両手でパンパン叩きながら水分を吸収するようにすれば間違いありません。
これもあまりバンバン叩いたりしないようにしましょう。

タオルドライである程度髪が乾いたらいよいよドライヤーを使用します。頭皮とドライヤーの距離は十分とって下さい。
目安としては15㎝から20㎝といったところでしょうか。
それよりも近すぎると、必要以上の熱を髪が受けることになって水分を飛ばし過ぎてしまう結果、ゴワゴワ、パサパサしてしまうのです。丁寧に乾かしたのにどうも髪のコンディションが良くないという時には、まずドライヤーとの距離を見直してみましょう。

また、さらにドライヤーを接近させると頭皮が火傷、炎症を起こすこともありますので、非常に危険です。
そして、もし右手でドライヤーを持っているのであれば、左手で髪をわしゃわしゃするのではなく、右手でドライヤーを動かすのだという点です。
ドライヤーを持っていない方の手で髪を動かしてできた隙間に風を送り込むというのは結構多くの人がやっているスタイルだと思われますが、じつは間違いなのです。

必ずドライヤーの方を動かして、風で髪を動かすぐらいのつもりでやってみてください。
細かく動かしながら、なるべく頭皮にまで風が行き届くようにできれば完璧です。
意外と知られていない正しいドライヤーの方法ですが、じつは正しいシャンプーの仕方と同じぐらいに重要ですので気をつけてみましょう。
ちょっとの工夫で髪のツヤ、コシ、ハリ、手触りが違ってくることをきっと実感できることでしょう。

Comments are closed.