ドライヤーで髪を乾かす時間はどのくらいですか?

ドライヤーはどのくらいの時間、使うべきなのでしょうか。

あまり長時間使ってしまうと、キューティクルが傷んでしまうため、
ある程度乾いたら止めるという必要があります。
キューティクルは水分を吸収すると開くという性質があります。

濡れたままの髪はすなわちキューティクルが開いたままの髪ということですから、
いとも簡単に剥がれてしまいます。最悪なのは濡れたままで寝てしまうことで、
寝具と擦れた時にキューティクルはこれ以上ないようなダメージを受けてしまいます。
たまにならばまだ回復もできるかもしれませんが、これが毎日続くとなると切れ毛は増えてきますし、
ツヤもハリもコシも失われた髪へ一直線です。

100%自然乾燥というのは絶対にやめましょう。
100%はダメなのですが、じつは20%の自然乾燥であればじつは髪にもっとも望ましい乾燥法となります。
正しくドライヤーを使用して80%乾かした後は、20%程度は自然乾燥をするというのが一番良い乾燥法なのです。

とくに頭皮は100%乾燥させようと思ってもなかなかできることではありませんから、
あくまでも80%を目安にしながら、残りは自然乾燥でいいやといいったアバウトな感じでいた方が髪を美しく保つにはちょうど良いようです。何でもやりすぎ、つけすぎは美容の大敵なのですね。

Comments are closed.