シャンプーの香りを保つ方法

シャンプーの香りを長持ちさせる方法

風が吹いた時に、揺れる髪の毛からほのかなシャンプーの香り。
そんな香りにドキっとする男性は多いようです。
でも、髪からシャンプーの香りがするのは洗いたての時だけで、後は全然香らない。
女性でそういう悩みを持っている人は多いのではないでしょうか。

髪にシャンプーの香りを長く残すには、ちょっとしたコツがあると言われているのです。
そのコツを皆さんにご紹介しましょう。

髪にシャンプーの香りを保つようにするには、髪の洗い方を見直すことが大切です。
間違った方法で髪を洗っているために、シャンプーの香りどころか、悪臭を放っている可能性があります。
あなたの髪は大丈夫なのかこれを機会に勉強しましょう。

髪の毛を洗う時に注意すること

まず、髪を洗う前に丁寧にブラッシングしましょう。
髪を洗うのにブラッシングが関係あるの?と思うかもしれませんが、そうすることで髪についたフケやほこりを取り除くことができ、頭皮の血行も良くなるので、シャンプーの洗浄力がアップします。
また、ブラッシングで髪のもつれが無くなるので、シャンプーの時の抜け毛を少なくすることができます。
そして、シャンプーを髪に付ける前に、お湯でよく濡らすようにしてください。
美容院で髪を洗ってもらうと、シャンプーを使う前によく洗い流していますよね。
そうすることで、髪についた皮脂やほこりはほとんど落ち、髪が充分に水分を吸収するので、シャンプーの刺激を弱めることができます。
また、水分を吸収した髪は、柔らかくなりますので、洗うときのゴシゴシのダメージも受けにくくなり、髪を傷めずに済みます。

髪を洗う時に何より大切なのは、シャンプーの量は適量を守ること。
そして、シャンプーをした後によく洗い流すということなんです。
シャンプーの香りを残そうとして、中途半端に洗い流す人が多いようですが、これは絶対にしてはいけないことです。
頭皮にシャンプーが残ってしまうと、頭皮が荒れてしまい、抜け毛や枝毛が多くなる他、痒みや湿疹の原因にな
ることもあります。
洗う時の3倍の時間をかけて洗い流すこと。
これが髪を洗う時に一番守って欲しいことです。

あと、髪を洗った後にドライヤーでよく乾かすようにしてください。
塗れたまま寝てしまったり、自然乾燥させてしまうと、雑菌が発生して悪臭の元になります。
いくら良いシャンプーを使っても、それでは意味がありませんね。
悪臭だけではなく、カビが生えてしまう人もいるそうです。
面倒でもしっかりドライヤーで乾かしてください。
ただし、高い温度で同じ所ばかりにドライヤーを当てすぎると、今度はドライヤーの熱によって髪を傷めてしまいますので注意するようにしましょう。

Comments are closed.