メリットシャンプー

毛穴のつまりまで浮かせる泡で洗うシャンプー

1970年に発売されてから、「髪と地肌の清潔と健康」というテーマを掲げ、時代のニーズに合わせて変化してきたのがメリットです。
地肌をしっかりと洗うのがシャンプー本来の役割ですが、メリットは今それを見直しています。
最近のメリットは、泡によって毛穴のつまりまでを浮かせ、強くこする必要なく地肌を綺麗に洗い上げられるようになっています。
髪の根元からサラサラで、頭自体が軽くなったように感じられるシャンプーなのです。

メリットには標準のメリットシャンプー、リンスとリンスのいらないメリット、クールタイプでリンスのいらないメリット、子供向けの泡で出てくるメリット、子どもの細くて絡みやすい髪をなめらかな指通りにするトリートメント、シャンプーブラシ、モイスチャー地肌クレンジングシャンプーとコンディショナーなど、様々な種類が出ています。
それぞれに特徴があり、自分に合ったメリットを選ぶことができます。

メリットの種類と特徴

標準のメリットはしっかりと泡立てて使うことで、汚れや皮脂を強くこすることなく泡で浮かせて落とし、地肌にベタつきが残ることなくサラサラの髪になります。
また、ノンシリコンなのですっきり洗えます。
リンスはそうやってメリットシャンプーで洗った後のサラサラを持続させ、うるおいを保ちつつも仕上がりが軽く、髪が絡まってしまうのも防いでくれます。
どちらも植物由来成分が配合されており、弱酸性でかゆみ、フケを防いで地肌と髪を健康な状態に保ちます。

リンスのいらないメリットは、リンスの成分が配合されているので、これ1本だけで地肌がすっきり洗えるだけでなく、髪がサラサラになります。
クールタイプのリンスのいらないメリットは、メントールが配合されているので洗った後に爽快感があります。
いずれも弱酸性で植物由来成分が配合されていて、かゆみやフケを防いでくれます。

子供向けの泡で出てくるメリットシャンプーは、1人でシャンプーができるようになりたいというお子さまのためのシャンプーです。
自分で泡立てなくても最初から泡になってシャンプーが出てくるので、楽しみながらシャンプーをすることができます。
ポンプの形状、大きさは子どもでも押しやすいように考えられています。
ノンシリコンシャンプーなのは、大人向けの標準タイプのメリットと同じです。
また、子供向けトリートメントとして、メリットさらさらヘアミルクがありますが、こちらは保湿成分にカモミールミルクαが配合されています。

メリットシャンプーブラシは、自分の手では洗いづらい地肌のすみからすみまですっきりと洗え、子どもの細い髪でもからまりにくくなっています。
また、地肌を傷めないようにブラシの先端は柔らかくなっていて、子どもの手でも持ちやすい大きさで作られています。

Comments are closed.