そもそもシリコンとは?

最近、ノンシリコンシャンプーは髪に優しいと人気ですが、果たしてどうなのでしょうか。少し前まではシリコンシャンプーは髪をツヤツヤにしてくれると人気だったのを考えると、いったいどちらが正しいのか迷ってしまうところですよね。
この頃では髪に悪い影響をもたらすとさえ一部でいわれることもありますが、必ずしもそうではありません。

と言うのも、シリコンがシャンプー中の摩擦から頭髪をガードしてくれるからです。
摩擦はキューティクルの大敵ですから、これはうれしい効果です。
もちろん、シャンプー後の髪もシリコンコーティングしてくれるので指通りやくし通りも良くなります。シリコンシャンプーを使用すると髪がつややかになるのには理由があったのですね。

なぜ、シリコン入りのものが髪に良くないと指摘されるようになったかというと、それはだいたいが高級アルコール系シャンプーだからでしょう。
高級アルコール系シャンプーはリーズナブルですが、洗浄力が強すぎるために髪がゴワゴワになってしまうという難点があります。

それを緩和するためにシリコン剤が入っているのですが、配合が適切でないと緩和剤として十分に働かないこともあるようです。
そうなると当然、ヘアスタイルのまとまりもなくなってしまいますので、ノンシリコンシャンプーの方が良いのではないかという流れができたと思われます。

シリコンは安価で大量生産が可能なために、ドラッグストア等で販売されているリーズナブルなもののほとんどで使用されています。
安かろう悪かろうではないですが、先にあげたメリットと同じぐらいにデメリットがあることも事実なのです。
第一にシリコンコーティングされた毛髪は水分や栄養分が浸透しにくくなってしまいます。
また、これはメリットでもありデメリットでもあるのですが、一度付着するとなかなか落ちません。
そうなると、パーマもかかりにくくなりますし、カラーリングも発色がきれいにいきません。
パーマやカラーをする前の晩にシリコンシャンプーを控えたぐらいではだめで、かなり前から使用をやめなければいけないのです。

では、そのシリコンが落ちる時にどのように落ちるのかというと、キューティクルも一緒に剥がれてしまうといわれていますので、大変恐ろしいですね。
それまでのメリットが一気にデメリットに傾いてしまう瞬間です。

しかし、成分表示にシリコンと書いてあるわけではありません。
シリカ、シリル、シクロメチコン、ジメチコン、シロキ、ポリマー、メチコン、シランなどの表記があった場合には、だいたいシリコンが配合されていると考えれば間違いありません。
使いすぎとすすぎに十分に注意すればお得なシリコン入りも一概に悪ではありません。

洗髪法としてはすすぎ不足の人がほとんどというのが現状ですから、そこをもっと改善すれば正しく使うこともできるかもしれませんね。
使用にあたってはメリット、デメリットをよくよく考慮する必要があるのではないでしょうか。